<< 6.e-スキャナーの優位性 | main | 8.ハードウェアプロダクト >>

スポンサーサイト

  • 2013.05.22 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


7.ドットコードについて

基準ドットと情報ドットを相対的に配置したものがドットコードになります。
基準ドット間の距離は0.5mmで格子状に配置され、その基準ドットの間に情報ドットが各1点づつ配置されます。
2mm×2mmの短形領域に32bit(約40億ドット)を形成し、0.5mm各内で座標パターンを2種類(+とX)配置し、さらに、65,000種類(12bit)を確保します。
ドットコードをマスキングしてステルスインク印刷したエリアであれば、どこでも高速で反応します。

スポンサーサイト

  • 2013.05.22 Wednesday
  • -
  • 23:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
要するに電子の眼が、人には見えない図柄を判別して、各図柄に割当てた情報を呼んでくれるわけですね。ですから、この電子の眼も、人の目と同じように図柄を見る角度を変えると違って見えることもありなんです。それと電磁波(これは赤外線)の波長を変え別読みなんかも大丈夫です。いろんなことが出来ますね!
  • みっちー
  • 2006/03/21 12:00 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
トヨタ マークX
マークX(MARK X、〜エックス)は、トヨタ自動車が生産する中型の高級乗用車。 マークIIの後継車種として2004年11月9日に発売を開始した。 マークXは、クラウンとカムリの中間に位置する。
  • 自動車試乗レポート
  • 2006/07/06 4:25 AM
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
touroku
SEO自動相互リンクPlus

簡単!自動相互リンク
自動相互リンクJAPAN
自動相互リンクALES
自動相互リンクサイト
SEO対策相互リンクの輪
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM